会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

利益と資金繰りの関係

会社設立後、順調に業績を伸ばし、利益が出ていても資金繰りが苦しいという状況がよくあります。特に、会社が急成長しているときに多いです。

黒字倒産との言葉をよく聞きますが、「黒字倒産」とは、利益が出ていて、決算が黒字であるにもかかわらず資金繰りに行き詰まり、倒産してしまうことです。こうした事態が起こる原因は、入金と出金のタイミングのずれによる資金不足です。

会社の会計は「発生主義」で処理しますから、実際のお金の動きとは別に、取引が発生した時点で売上や仕入れの計上をします。ですから、損益計算書上は利益が出ていても、その入金よりも経費の支払いのほうが早ければ資金が不足してしまいます。

資金繰り表の作成

こうした事態を起こさないために、おすすめしたいのが資金繰り表の活用です。資金繰り表とは、将来の現金の収入と支出を予測した結果をとりまとめたものです。不足する資金の額や時期が事前に予測できるので、早めに対策を講じることができます。少なくとも今後3ヶ月の資金繰りの状況は把握しておきたいところです。

資金繰り表はとくに決まった形式はありません。集計などの利便性を考えると、エクセル等の表計算ソフトを使うのがいいでしょう。

資金繰りが危うくなったら、早めに対策を練ります。

・金融機関からの借入等により資金を調達する。

・支払いを遅らせる

・売掛金の早期回収をする

・資産を売却する

といった方法で、手元に現金を確保する必要があります。

また、資金不足が予想される場合には、現金を確保する対策を講じると同時に、原因を探ることが重要です。原因を把握せずに資金の手当だけしても、一時的には解決できるかもしれませんが、また同じことを繰り返してしまうかもしれません。

トップページへ