会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

法人のクレジットカードの経費処理

会社設立後は、法人でクレジットカードを作成し、会社の費用を法人カードで支払うこともあると思われます。

法人でカードを利用した場合、会社の会計は、原則として「発生主義」で行なわなければなりません。発生主義とは、お金の動きに関係なく、収益や費用の事実が発生した時点で計上するものです。一方、現金主義では、現金を支払ったり受け取ったりした時点で計上します。

クレジットカードを利用した場合も、原則「発生主義」で処理をしますので、利用日に経費計上をすることが必要になります。

しかしながら、クレジットの利用明細がくるのが遅いこともあり、期中は、現金主義、つまり支払時に費用処理をして、利用日と決済日の間に決算日がくるときは、決算修正で未払処理をする場合もあります。いずれにせよ、期中に発生した費用は費用としてきちんと計上しなければならないのです。

いずれの方法にしても、どちらかに統一してきちんと記帳することが必要です。実務上の手間を考えて処理することが考えられます。

トップページへ