会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

法人化、法人成りによる資産の引継ぎ

法人化、法人成りの際には、個人事業時代の資産・負債について、どれを引き継ぐべきか、どうやって引き継ぐかを考える必要があります。

事業用固定資産

個人事業用の固定資産を会社への引き継ぎ方には、次のような方法があります。

1.現物出資

個人事業者から会社へ、金銭以外の資産を出資する方法です。営業者やパソコンなど、時価によって評価し、出資します。

2.売買契約による譲渡

個人事業者から会社へ資産を売却する方法です。会社と売買契約書を締結して、代金のやりとりをします。個人事業者は譲渡益に応じて所得税が生じます。

3.賃貸借契約

個人事業者から会社へ資産を貸す方法です。賃貸借契約書を締結して、賃貸料のやりとりをします。建物や土地等は売買もしくは現物出資をすると、登録免許税や不動産取得税等が会社に発生することがあるので、検討すべき方法でしょう。ただし、会社から個人に賃貸料の支払いが発生すると法人成りしたあとも個人はその収入を確定申告する必要があります。

営業の債権債務

売掛金・買掛金は、あえて会社に引き継ぐ必要はありません。これまでどおり個人口座に入金してもらう・個人で支払うことにしたほうが簡単です。引き継ぐ場合には、取引先に通知し、承認をもらう必要があります。

 借入金

事業用の借入は、会社に引き継ぐべきですが、金融機関の同意が必要です。あらかじめ相談して、内諾をとっておきたいところです。金融機関が認めない場合は、個人事業者として引き続き返済することになります。事業用資産のリース契約も、リース会社の同意が必要になりますので、担当者に相談しておきましょう。

トップページへ