会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

設立手続の代行と定款の電子認証

定款の電子認証を行うと4万円お得です。

法人設立の手続きは、煩雑で時間もかかる上に、平日の日中でなければ登記所は受け付けてくれません。自分で設立手続きを行なう人もいますが、かなりの苦労を強いられている様子です。

仮に手続きがスムーズに行ったとしても、公証人役場に1回、登記所には2回哀史を運ばなければなりません。この手間と時間のロスを考えたら、法人設立の手続きは、その一切を代行してくれる専門家に頼むのが合理的です。

また、定款の認証を「電子認証」という方法で行なうと、通常の定款認証手続きで必要な4万円の収入印紙の貼付が省略できます。ただし、電子認証は、電子証明書の取得とソフトウェアの購入が必要なため、専門家以外の人が行なうのは困難だと思われます。

この電子認証による設立手続きを専門家に代行してもらった場合、自分で手続きするよりも4万円安く上がる計算です。これを考慮すれば、手続き業務を専門家に委託するのが賢い選択だといえるでしょう。

では、どのような専門家に手続きを代行してもらえばよいのでしょうか?

まず、資格を持った専門家に代行してもらう必要があります。

定款の認証は行政書士の資格が必要ですし、設立登記申請は司法書士出なければ手続きを代行できません。

また、法人設立には、税金や社会保険の問題が必ずからんでくるので、税理士や社会保険労務士にも相談できれば万全です。

トップページへ