会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

休眠会社の買取りのメリット・デメリット

会社を新規に設立するほかに、休眠会社を買い取って事業を始める方法があります。

「休眠会社」とは、登記簿上は存在しているにもかかわらず、実質的には営業を停止している会社のことをいいます。新会社法施行前は、休眠会社を買取ることで資本金相当額の資金の調達が不要になるというメリットがありました。しかし、最低資本金制度が撤廃されてからは、休眠会社を買取ることにあまり大きなメリットはありません。

休眠会社の買い取りのメリット・デメリットをまとめておきます。

休眠会社を買い取るメリット・デメリット

メリット

・社歴が入手できる

継続している会社ほど信用が得られやすいものです。長い社歴を謳うことができるのはメリットといえます。

・多額の資本金を名目上得られる

資本金の額も信用力の一つです。資本金が大きい会社を買取れば、それだけの資本金を用意しなくても手に入れることができます。

・許認可付の会社もある

不動産業(宅地建物取引業)など許認可付きの会社を買取れば、許認可を得られることになります。

・青色欠損金があれば活用できる

青色欠損金がある会社を買取れば、過去の赤字分を引き継ぐことができるので税金が安くなるメリットがあります。

デメリット

・隠れ債務があるかもしれない

会社を買取るとは、その会社の資産・負債をすべて引き継ぐことです。未払いの借金、買掛金、未払い金等の債務のほか、帳簿に載っていない債務もあるかもしれません。

・新たに借入ができないおそれがある

金融機関のブラックリストに載っていて、銀行取引停止になっている場合、新たに借入ができません。

こういったことがなくても、きちんとした決算書がなければ有志を受けることは難しいです。

・すぐに青色申告ができない

休眠会社は税務申告をしておらず、白色申告になってしまっていることが多いので、青色申告に戻すために数年かかる場合があります。

 

休眠会社の買い取りは、デメリットに記載したようなリスクが考えられるため、慎重に検討する必要があります。登記事項証明書、定款、決算書等を入手し、買い取り会社の状況を詳細に調べてください。

また、会社を買い取ったら、商号、本店所在地、役員、目的等を変更して変更登記の手続きが必要です。それだけで10万円ほどの登録免許税がかかります。

会社設立の費用を節約するだけの目的であれば、余り大きな効果はないでしょう。

トップページへ