会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

会社設立後の社会保険の加入手続

会社設立後は、社会保険に加入する必要があります。社会保険の加入を忘れずに行いましょう。手続を進めていく上での注意点は下記の通りです。

年金事務所で社会保険に加入する

法人を設立すると、従業員・役員の全員が社会保険に加入する必要があります。パートやアルバイトは、1日または1週間の労働時間、労働日数が一般従業員の4分の3以上である場合は社会保険に加入します。

個人事業で社会保険に加入していた場合は、社会保険の適用事業所の所在地と名称の変更手続きをします。変更のあった費から日以内に「健康保険、厚生年金保険適用事業所所在地・名称変更(訂正)届」を社会保険に加入する場合は、「健康保険厚生年金保険新規適用届」などの必要書類を設立から5日以内に社会保険事務所に届け出ることになっています。

いずれの場合も、添付書類として「登記事項証明書」が必要なことから、設立から5日以内の提出は現実的に不可能なため、ある程度の遅れは仕方ありません。

社会保険に関する届出

個人事業で社会保険に加入していた場合

・健康保険、厚生年金保険適用事業所所在時・名称変更(訂正)届

変更のあった日から5日以内に保険事務所に提出する。

※添付書類として、登記事項証明書(登記簿謄本)と全員の健康保険証が必要

新規に法人で社会保険に加入する場合

・健康保険厚生年金保険新規適用届

法人設立から5日以内に年金事務所に提出する

※添付書類として、登記事項証明書(登記簿謄本)(状況に応じて出金簿・タイムカード、労働者名簿、賃金台帳、税務署に提出した給与支払事務所等の開設届出書、建物の賃貸借契約書などが必要となる場合がある)

・健康保険厚生年金保険被保険者資格取得届

・健康保険被扶養者(異動)届

※在学証明書と住民税の非課税証明書を必要に応じて貼付

注)いずれの場合も、添付書類として登記事項証明書(登記簿謄本)などが必要なため、現実的に5日以内の提出は不可能。したがって、社会保険の適用事業者になった場合は、すみやかに提出する。

 

トップページへ