会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

会社設立時の資金調達(出資と創業融資)@福岡

会社設立時の資金調達方法には、創業融資出資があります。

 

出資を受け入れる場合には、出資は株主になるため、会社の経営に対して発言権を持つようになります。

一方、創業融資で主に借入により資金調達した場合には、資金提供者は、会社に対する債権者になります。

出資には、基本的に返済する必要がないメリットがあり、借入には、返済しなければならないデメリットがあります。

多額の出資を受け入れた場合には、会社経営への関与の度合いが高まるため注意が必要です。

一方、借入により資金調達した場合には、借入れた資金は、事業活動による利益により返済しなければならないため、多額の借入を行った場合には、資金繰りが苦しくなることもあります。

このように、出資と創業融資(借入)には、それぞれメリットとデメリットがあります。

そこで、まずは、社長1名で出資を行い、その他に必要な資金は、創業融資で調達するのもおススメの資金調達の一つです。

 

トップページへ