会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

本店所在地について

本店所在地とは、会社の住所にあたります。人間にたとえると、住民票に記載される住所になります。本店所在地は必ず定款に記載する必要があります。(→定款について詳しくは「定款について」

本店所在地の場所及び注意点

本店所在地の場所について、特に制限はなく、自宅を本店所在地とする場合もあります。
一般的には、事業所や店舗を本店所在地とする場合も多いです。
本店所在地は、会社のイメージにも影響を及ぼすので重要になります。
注意点としては、賃貸マンション等の場合には、事前にオーナーに「事務所利用が可能か」を確認する必要があります。
レンタルオフィスやバーチャルオフィスを本店所在地とする場合には、労働保険に加入できないケースや銀行の口座を開設できないケースもあるので注意が必要です。
また、本店所在地を移動させる場合には、法務局管轄の移動では、3万円、法務局の管轄が変わる場合には、6万円の手数料がかかるので注意が必要です。

定款への記載方法

定款への記載方法は、

1.最少行政区画まで記載する方法 
2.地番まで記載する方法

の2つがあります。

1.の最小行政区画まで記載する方法とは、例えば、東京都中央区、神奈川県川崎市などです。
2.の番地まで記載する方法とは、東京都中央区銀座一丁目○番○号などです。

最後に
本店所在地は、会社のイメージに影響をため、会社に与えるイメージとコスト面を考慮しながら検討する必要があります。

トップページへ