会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

会社設立後の棚卸資産の評価方法

商品や製品などの棚卸資産の評価をどのように行うか、会社設立後に届け出を提出して、決定する必要があります。具体的には、「棚卸資産の評価方法の届出書」を税務署に提出します。

評価方法は、

1.個別法

2.先入先出法 

3.総平均法 

4.移動平均法 

5.最終仕入原価法

6.売価還元法

の6つがあります。

また、上記のそれぞれについて原価法又は低価法により評価を行います。

原価法とは、購入時の取得原価に基づいて評価する方法で、

低価法とは原価法に基づいて評価した金額と時価を比較して、どちらか低い方で評価する方法です。

 

どの評価方法により評価するかは、会社の実態に合わせる必要があり、顧問税理士等への相談により決定する必要がありますが、「棚卸資産の評価方法の届出書」を提出しない場合には、最終仕入原価法の原価法で評価されることになります。

トップページへ