会社設立の福岡・北九州最安値に挑戦!

会社設立と社会保険

法人及び5人以上の従業員がいる個人事業主は、社会保険への加入が義務づけられます。

そのため会社設立後は、社会保険へ加入する必要があります。

社会保険とは、主に

1.健康保険

2.厚生年金

3.雇用保険

4.労災保険

の4種類を言います。(雇用保険、労災保険について詳しくは →「会社設立と労災保険・雇用保険の届出

社会保険のメリットとしては、国民年金よりも厚生年金のほうが受給できる年金額が高い、従業員を採用しやすいなどがあります。デメリットとしては保険料の負担額が大きい、事務手続が煩雑になるなどがあります。

社会保険加入のための資料の提出は、本店所在地の所轄の社会保険事務所で行います。必要な書類は、地域や会社の状況によって異なりますので、あらかじめ所轄の年金事務所に確認して準備する必要があります。

社会保険の加入は、会社の義務ですので、設立後は速やかに加入の手続きを実施しましょう。

トップページへ